#11 - raise11.com

Category Archives

4 Articles

コーヒー好きのデカフェ生活

 クライミングジム通いを中止してすでに半年が過ぎた。体重もばっちり増えた。ギターもクライミングも適当に四捨五入すれば30年生だから、指の関節に問題が生じるのもわからなくはない。指のトラブルは経験の長いクライマーなら少なくないわけだが、私の場合は難度の高いボルダリングは負担が大きすぎてもう無理らしいことを認めざるを得なくなった。ボルダリングの普及に人生の一時期を捧げた自負があるだけに、これは非常に残念でならない。せめて60歳までは続けたかった。まあそうなってもまた65までとか言い出したと思うが。

 これまでも長いことギターか岩かの二択を迫られていたわけだが、水と食料のどちらかをやめろと言われても、どちらもやめられるわけないわけで。ごまかしごまかし決断を先延ばしして来た結果とうとう来るときが来てしまった感じ?
 クライミングはボルダーがダメでもアイスがあるさ。とばかりに相変わらずなんとかならないかと悪知恵を働かせているわけだが、今回はギターのほうがより深刻で、激痛で押さえられないコードもある。超音波治療で痛みは少し楽になったものの、それでも痛いことには変わりない。以前右手中指の負傷で指弾きを諦めたときをさらに上回る酷い状態で、今度は音程を作る左手なので代替が利かない。

 心情的にはもう藁をつかんでブラブラしている感じのなか、噂で病気(っ言うのかな、ケガではないし)への影響が疑われているカフェインの摂取をやめてほぼ一か月が経った。三週間目ぐらいからはっきり痛みが弱くなったが、これがカフェインレスのおかげなのか、単に急性期を脱しつつあるだけなのかは不明。

 そんな中、知人よりファミレスのジョナサンのドリンクバーにカフェインレスコーヒーがあるという朗報が。さらにコンビニのローソンのコーヒーマシンにカフェインレスコーヒーがあるのもわかった(ちょい割高だが…)。いやあ、ありがたい。

 実は私は結構コーヒー好きだ(った)。酒こそたしなむものの、たばこは子供の頃から吸わず、ギャンブルはゲーセンのガチャポンぐらいで宝くじすら買わない(一枚も当たらなかったときのショックが怖い)。そうした気晴らしの代わりといっては何だがコーヒーはよく飲んでいた。特にコンビニコーヒーが普及してからは、毎日バンバン飲んでたわけで、これが一切なくなり水とデカフェ飲料に変わったわけだ。

 しかしいざデカフェ生活を始めてみると、これが結構気を遣うことが判明。まず出先で飲み物を出していただける場合は高確率でコーヒーだったりするので、飲めないことを説明しないといけないのだがこれが結構大変。
 以前から私を知っている人だと無条件でコーヒーを淹れてしまうため、記憶を上書きしてもらうのがちょっと申し訳ない。一方知らない人の場合でも相手が飲み物を出す前に「コーヒーが飲めない」というと、まるで別の飲み物を催促しているみたいだから、相手をそれとなく観察して「おもてなし動作」をいち早く察知しないといけない(笑)。
 さらに、飲み物を先に選べる場合もメニューにデカフェ飲料がない事のほうが多い。
調べてみるとカフェインはコーヒーのみならず緑茶やウーロン茶など様々な飲み物に入っていて、甘い飲み物は体重問題的にもセーブしたいので、それらを除外すると飲めるものは僅かしか残らない。

 日本でデカフェ生活をするのは、まだまだ結構大変だということが良くわかった次第。ちなみに国内でもインスタントのノンカフェインコーヒーは複数あるが、大まかに97パーセントオフと99パーセントオフのものがあるので注意。その気の人はカフェインを抜く方式がいくつかあるので、その製品がどの方式を採用しているのか先に調べてからが良いと思う。
(※追記;生協でカフェインレス[97パーセント]のレギュラーコーヒーを発見、味はローソンのノンカフェインとほぼ同じ感じ、高いけどしばらく試すつもり)

限りある人生

by RAISE11 0 Comments

1月の終わり、ジョン・ウェットンが癌で亡くなった。2ヶ月前にはグレッグ・レイクも同じく癌でこの世を去っている。イギリスのプログレッシブロックを代表するボーカリスト兼ベーシストの二人が相次いで亡くなったことになる。 初めはたぶん中学生の頃だから、二人ともおそらく私が一番長い時間、その声を聞いてきたボーカリストだと思う。


Gleg Lake(King Crimson)


John Wetton(King Crimson)

二人は奇しくも同じバンド、キングクリムゾンのボーカリストとして世界的な名声を得た。グレッグはメジャーデビュー初期のボーカリスト。ジョンはグレッグが脱退したのち、再結成時のボーカリスト。面白いことに、そのずっと後にジョンがASIAから脱退した時の助っ人はグレッグだった。マネージメントの都合は大きかったはずだが、それだけプログレッシブロックの世界でボーカリスト兼ベーシストの大物といえば、この二人が筆頭だった。


Greg Lake(EL&P)

グレッグ・レイクはキングクリムゾンの鬼才ギタリスト、ロバート・フリップと同じギター教室でギターを学んだと言われている。バンド初期のボーカルが抜けたときフリップに誘われ、ボーカル兼ギター/ベーシストとしてキングクリムゾンに参加し、ロックの名盤といえば必ず登場する「クリムゾンキングの宮殿」と他一枚を残す。脱退後に結成したエマーソン・レイク・アンド・パーマーはグレッグをさらなる世界的ビッグネームへと押し上げた、バンドアンサンブルでのボーカルとベースに加え、アコースティックギターによる弾き語りの評価が高く、ソロ歌手としても「I Believe In Father Christmas」が英国シングルチャートで2位を記録し、その後も大物ミュージシャンがこの曲をカバーしている。


Greg Lake

対するジョン・ウェットンは、何度か再結成を繰り返したKing Crimsonの最初の再結成時に、ロバート・フリップの大学時代のギグ仲間だった縁で加入する。透明と評されたグレッグとは対照的な甘くハスキーな声。そして太く激しいジョンのベースは、よりハードな路線に傾倒したクリムゾンにベストマッチで、「太陽と戦慄」「RED」などの名盤を残した。ジョンはそのボーカルと同様、ベースプレイの評価が高く、ベーシストとしてもロキシーミュージックやユーライアヒープ等のバンドを渡り歩いた。音は基本的にイギリスのロックベーシストらしい箱鳴りの強いゴリゴリとした野太い音だが、バンドのカラーや曲調によってピックと指弾き、歪み具合を使い分ける他のプログレベーシストにはあまり見られない繊細さもあった。

さらにいえば、日本人同様リズムがイマイチと言われがちな当時のイギリス人ミュージシャンの中で、安定したリズムを作れる珍しい存在でもあり、前期UKやハウ期のASIAのようにギタリストがパワーコードのリフをまったく弾かないバンドや、後期UKのようにそもそもギタリストがいないバンドでは、ジョンの歪んだベースがリズムギターばりの役割も担っていた。


John Wetton(UK)

Yesのクリス・スクワイア、EL&Pのキース・エマーソン、そして同じくEL&Pのグレッグ・レイクが亡くなり、今回のジョン。この一年でプログレッシブロック黄金期メジャーバンドのメンバーが立て続けに亡くなってしまった。

60年代終盤から70年代前半にかけて大ブームとなったプログレッシブロックは、70年代中頃を越えると急速に衰退していく、ときにオーケストラと共演したり、どんどん曲が長く難解になっていくアカデミックな匂いが鼻についた人も多かったのか、並のアマチュアバンドではコピー演奏ができない。曲が長すぎてラジオ番組でかけにくい。という普及面での困った問題もあり、近い時期に活躍したレッド・ツェッペリンやディープ・パープルのハードロック勢のようなわかりやすさにも欠けていたプログレ勢は、パンクミュージックやエレクトリック・ポップをはじめとする演奏技術に頼らないニュー・ウェーブ勢の台頭とともに低迷期に入る。

しかし80年代に入ると、かつてのプログレミュージシャンたちの逆襲が始まる。70年代のテクニカルで重厚壮大な音楽から、高い音楽性を失わないまま、ハードロックやヘビーメタルよりさらに聴きやすいポップミュージックへの転換。その中でも大きな成功を収めたのが再結成したYesとあのASIAだ。


John Wetton(ASIA)

スティーブ・ハウ(元Yes)、カール・パーマー(元EL&P)、ジョン・ウェットン(元キングクリムゾン)、ジェフリー・ダウンズ(元Yes/バグルス) プログレ黄金期(ジェフだけちょっと世代がずれているが、音楽的にはそれが功を奏した)の大物バンドのメンバーが集まったスーパーバンドという触れ込みで発売されたアルバムは見事に世界中で大ヒットした。
これは、その15年以上も後に製作されたアメリカの悪趣味コメディアニメ「South Park」の中で、ジャイアン風味の悪ガキ”カートマン”が突然「Heat Of The Moment」を歌い出すことからも、どれだけヒットしたかを想像できるだろう。

83年12月、ASIAの初来日公演は日本武道館から全米に向けてテレビとラジオで生中継という、前代未聞の大事として企画された。日本側の放送は公演の間、国際衛星回線を他に使えなくなることで緊急の報道などへの影響があるとかで、キー局ではなくたしかTVKが担当した。このとき武道館の客席に私もいた。

福島県の田舎でジョンが抜けてグレッグが来ると新聞で見たときには、そりゃびっくらこいたもんだった。オリジナルバンドで聞きたいのは当然として、グレッグも大ファンであるEL&Pのボーカリストだったから、それはそれで嬉しいし、どう反応したものか困惑したのを覚えている。当時は一大イベント前の突然のメンバーチェンジで、バンドはいち早く来日し公演まで三週間程にも及ぶ合宿リハーサルを行った、しかしグレッグは本番までに歌詞を憶えきれず、喉の調子も今ひとつで、足元のプロンプターで歌詞を見ながらの少しぎこちない演奏だったが、孤高のギター仙人、スティーブ・ハウ師匠を含め、ヒーローたちを前にした感動は大きかった。(ちなみにTV放送では「The Heat Goes On」がオープニングになっているが、実際は2曲目で、本当のオープニングは「Time Again」だった。)


Greg Lake(ASIA)

グレックの歌はあの時と再結成EL&Pの公演で聴けたが、思えば中学の頃からあれほど長く親しんだジョンの生歌は結局聴けなかった。その声にあまりに長く親しみすぎて、いつも当たり前に存在する人のような気がしていたのかもしれない。今考えればまだ機会はあるだろうと、なんとなくたかをくくっていた部分があるような気もする。
「会いたい人には会える時に会っておかないと後悔する。」というのは学生時代に写真家木原和人氏が亡くなったとき、先に行われた作品展に意地を張って行かなかったことを後悔して思ったことで、実際その後はかなり実践してきたのだが、どうやら私はまた一つ後悔を残してしまったようだ。 ちなみにその合同展のメンバーだったU野さんとは、数年前に偶然共通の知人のパーティーでお会いして隣で酒を飲んだ、U野さんはすでにバッチリ出来上がっていて覚えていないと思いますが^^;)。 自分でチャンスを潰して永遠に会えなくなることもあれば、たまたま偶然に会えることもある。長く生きていると巡り合わせがいろいろあるものだが、会いたい人にはやはり会えるときに会っておくほうがいい。

当たり前の話なのだが、どんなスターでも、どんなに才能豊かでも、人生は有限なのだと、あたらめて実感した。
R.I.P.


(曲はおそらく有名なジャズスタンダード”How High The Moon”)

ハードディスク奏法、ていうかほぼ宴会芸

by RAISE11 0 Comments

以前、弦飛びトレーニングとして私がやっていたエクササイズ。
前回、動画のテロップで、手首を浮かせれば「相当理不尽な弦飛びにも対応できる」と書いたので、どんな感じか一応実演。我ながら見事な棒弾きだがトレモロ奏法の名曲「アルハンブラの思い出」のほんのサワリだけ。

これ以上テンポを速くすると今の私ではマシンガンぽくなって、アルハンブラの何だかわからなくなるんでやめた。暇人なら練習で対応可能。ちなみにギターは持運び用の浅胴なのでしょぼい音は勘弁ね。

スチール弦ならロールピッキングが使えるのでだいぶ楽。エレキでディストーションを使うならおそらくブリッジミュートになるので、相当な速弾きも可能だと思うが、たぶんやる意味がない、だってロックにはちょっと暗いしこの曲(笑)。

右手の技術的には、単純なストリングスキッピングの連続で、私は勝手に「ハードディスク奏法」と呼んでいる。速く弾くとHDDのヘッドの動きにそっくりなんで。

トレモロをフラットピッキングでやる場合は、高音弦の3音トレモロをアップピッキングで始めれば、低音弦に合理的に帰ってこられる。無理にテンポを速くすると、うまく弾けたように思えても、後で聴くと3音のトレモロが2音になっていたり、ベース音を2回弾いていたりと粗がわかるので録音するのがオススメ。

一見、簡単そうに見えるが、低音弦をミュートしないままで、ミスピッキングなしでトレモロをしっかりと弾くのは案外難しい。

もともと一曲通すとしたら相当根を詰めて練習しないといけないうえに、指弾きと違って低音もトレモロも一枚のピックでやるため、「トレモロを強くするとベースも強く、弦を素早く飛ばそうとすると、音が硬くてパキパキに…」という棒弾き状態になりがちで、感情表現がとっても困難。フラットピッキングでセゴビアやイエペス並のスピードで弾くのはまず無理と考えたほうがよさそう。

あげくこれ以上先まで弾くと、だんだん「ああ、俺の人生って何だったんだろう…」的なモードに入るので神経が繊細な私には辛い(笑)。 クラシックの人はよく平気だよね、短いけど終盤の希望に達する前に、すっかり気持ちがド〜ンと落ちる(笑)。

ナイロン弦専用のフラットピッキング

by RAISE11 0 Comments



上があまりにヨタヨタなので、オマケを追加。コード譜すら見ずに目をつぶって音だけでアドリブする私が、何を考えて弾いているのかがわかります、わかってどうする(笑)。

個人的に、ナイロン弦のフラットピッキングはスチール弦のものとは技術的に別物と考えている。ナイロン弦,ピック,ピック弾き

ナイロン弦はスチール弦よりテンションが弱く、一度ハジいたあと、まだ弦が大きく振動しているうちは再びピックで正確に捉えることが難しい。常に一方向から高速で振り抜くクラシックのアポヤンドやフラメンコのピカードのような指弾きであれば、この点はクリアできるのだが、ナイロン弦の速弾きを往復運動のフラットピッキングでする一番手っ取り早い方法は、弱く弾いて弦の振幅を小さく、弦離れを良くすることだ。

今の一般的なエレキギタリストが、たまにナイロン弦のいわゆるエレガットを弾くときは、多くの人はこのやり方でやっているように見える。エレガットであれば生音の小ささはあまり問題にならない。

だがそれでは、速く弾けば音が弱く、強く弾けばスピードが遅くなる。そして鋭くハリのある音は出ない。

弦の上をかするだけでもそれなりの音が出るスチール弦と違い、ナイロン弦ではピックの先端を弦の下に深く突っ込んでしっかりハジかないと、ボリュームとアタックのある良い音にはならない。しかしそうすると弦の抵抗が大きく振幅も大きいから、速く弾くことは難しくなる。

エレキではよくある、弦にピックを斜め急角度に当てて親指の回転でコジるタイプのピッキングも、ナイロン弦ではピックと弦の樹脂同士がこすれる音がキュルキュルと鳴り、音が良くないし音量も出ない。

そもそも、なぜ私がナイロン弦で速く弾きたいのか?といえば、明確な意図があって、それがパッション(情熱/激情)の表現に適しているから。私にとってはそれがエレキでも生ギターでも情熱の無い速弾きは無意味だ。情熱に溢れたフラメンコギターのピカードと闘える速くても強く鋭い生音を、フラットピッキングで得るにはどうすればいいのか? 当時私の知る範囲でこの点の参考にできるギタリストは、やはり最高峰John McLaughlinだった。しかし私は弦飛びにもこだわっていたので、御大と同じスタイルでは、極東アジア人の手の大きさではかなり無理がある。それで結構長いこと試行錯誤を繰り返した。この結果、エレキのように手を真横に痙攣させるのではなく、ピッキングフォームを根本的に変えて、手首を浮かせて回転させて弾く、ナイロン弦専用のスタイルにたどり着いた。

これには少なくとも、一曲全部をフォルテで弾き通せるような、強く持久力のあるピッキングができないといけないから、昨今エレキで流行のピックを軽く持つスタイルではなく、ピックを年末ジャンボの当たりくじだと思って、絶対離さないようにしっかりと持つ必要がある。これで手首を回転させて、各弦でトレモロを練習する。

その昔、Edward Van Halenのハミングバードピッキングにハマった人でもないかぎり(ちなみに昔試した時はうまく出来なかった気がする)、最初はしょっちゅう引っかかるから、手首の角度を変えて、一番難しい5~6弦でできるようになり、さらに思った弦にすぐ飛べるようになるまで練習を繰り返す。同時に弦飛びの激しいアルペジオも練習するといい。(※毎日練習して、たぶん最低2年程度は覚悟したほうがいい、若い人はもうちょい早いかも?)

経験がない人が手首を浮かせると、最初は「これ、本当にできるようになるのかな?」と思うのが普通だと思う。実際最初は私もそうだったが、私の場合は昔のジャズギタリストにフローティングスタイルの人が結構いることを知っていたので、「不可能」とは思わずに済んだのが幸いした、偉大な先人には本当に頭が上がらない。ついでに言えば人と違うことをやりたがる性格も幸いしたと思う(笑)。

この4~5年はナイロン弦ばかり弾いていたので、さすがに飽きてここしばらくエレキを弾いていたら、案の定ナイロン弦のピッキングがすっかり弱くなって、綺麗に音が出ないのにはまいった。

よたよたのデモ演奏の割に能書きが長いのは何が言いたかったのかと言うと、同じギターに見えるけど、弦が違うと楽器も違うものになって、それぞれに向いた弾きかたがあるよ、ということ。