#11 - raise11.com

Tag Archives

2 Articles

ハードディスク奏法、ていうかほぼ宴会芸

by RAISE11 0 Comments

以前、弦飛びトレーニングとして私がやっていたエクササイズ。
前回、動画のテロップで、手首を浮かせれば「相当理不尽な弦飛びにも対応できる」と書いたので、どんな感じか一応実演。我ながら見事な棒弾きだがトレモロ奏法の名曲「アルハンブラの思い出」のほんのサワリだけ。

これ以上テンポを速くすると今の私ではマシンガンぽくなって、アルハンブラの何だかわからなくなるんでやめた。暇人なら練習で対応可能。ちなみにギターは持運び用の浅胴なのでしょぼい音は勘弁ね。

スチール弦ならロールピッキングが使えるのでだいぶ楽。エレキでディストーションを使うならおそらくブリッジミュートになるので、相当な速弾きも可能だと思うが、たぶんやる意味がない、だってロックにはちょっと暗いしこの曲(笑)。

右手の技術的には、単純なストリングスキッピングの連続で、私は勝手に「ハードディスク奏法」と呼んでいる。速く弾くとHDDのヘッドの動きにそっくりなんで。

トレモロをフラットピッキングでやる場合は、高音弦の3音トレモロをアップピッキングで始めれば、低音弦に合理的に帰ってこられる。無理にテンポを速くすると、うまく弾けたように思えても、後で聴くと3音のトレモロが2音になっていたり、ベース音を2回弾いていたりと粗がわかるので録音するのがオススメ。

一見、簡単そうに見えるが、低音弦をミュートしないままで、ミスピッキングなしでトレモロをしっかりと弾くのは案外難しい。

もともと一曲通すとしたら相当根を詰めて練習しないといけないうえに、指弾きと違って低音もトレモロも一枚のピックでやるため、「トレモロを強くするとベースも強く、弦を素早く飛ばそうとすると、音が硬くてパキパキに…」という棒弾き状態になりがちで、感情表現がとっても困難。フラットピッキングでセゴビアやイエペス並のスピードで弾くのはまず無理と考えたほうがよさそう。

あげくこれ以上先まで弾くと、だんだん「ああ、俺の人生って何だったんだろう…」的なモードに入るので神経が繊細な私には辛い(笑)。 クラシックの人はよく平気だよね、短いけど終盤の希望に達する前に、すっかり気持ちがド〜ンと落ちる(笑)。

ナイロン弦専用のフラットピッキング

by RAISE11 0 Comments



上があまりにヨタヨタなので、オマケを追加。コード譜すら見ずに目をつぶって音だけでアドリブする私が、何を考えて弾いているのかがわかります、わかってどうする(笑)。

個人的に、ナイロン弦のフラットピッキングはスチール弦のものとは技術的に別物と考えている。ナイロン弦,ピック,ピック弾き

ナイロン弦はスチール弦よりテンションが弱く、一度ハジいたあと、まだ弦が大きく振動しているうちは再びピックで正確に捉えることが難しい。常に一方向から高速で振り抜くクラシックのアポヤンドやフラメンコのピカードのような指弾きであれば、この点はクリアできるのだが、ナイロン弦の速弾きを往復運動のフラットピッキングでする一番手っ取り早い方法は、弱く弾いて弦の振幅を小さく、弦離れを良くすることだ。

今の一般的なエレキギタリストが、たまにナイロン弦のいわゆるエレガットを弾くときは、多くの人はこのやり方でやっているように見える。エレガットであれば生音の小ささはあまり問題にならない。

だがそれでは、速く弾けば音が弱く、強く弾けばスピードが遅くなる。そして鋭くハリのある音は出ない。

弦の上をかするだけでもそれなりの音が出るスチール弦と違い、ナイロン弦ではピックの先端を弦の下に深く突っ込んでしっかりハジかないと、ボリュームとアタックのある良い音にはならない。しかしそうすると弦の抵抗が大きく振幅も大きいから、速く弾くことは難しくなる。

エレキではよくある、弦にピックを斜め急角度に当てて親指の回転でコジるタイプのピッキングも、ナイロン弦ではピックと弦の樹脂同士がこすれる音がキュルキュルと鳴り、音が良くないし音量も出ない。

そもそも、なぜ私がナイロン弦で速く弾きたいのか?といえば、明確な意図があって、それがパッション(情熱/激情)の表現に適しているから。私にとってはそれがエレキでも生ギターでも情熱の無い速弾きは無意味だ。情熱に溢れたフラメンコギターのピカードと闘える速くても強く鋭い生音を、フラットピッキングで得るにはどうすればいいのか? 当時私の知る範囲でこの点の参考にできるギタリストは、やはり最高峰John McLaughlinだった。しかし私は弦飛びにもこだわっていたので、御大と同じスタイルでは、極東アジア人の手の大きさではかなり無理がある。それで結構長いこと試行錯誤を繰り返した。この結果、エレキのように手を真横に痙攣させるのではなく、ピッキングフォームを根本的に変えて、手首を浮かせて回転させて弾く、ナイロン弦専用のスタイルにたどり着いた。

これには少なくとも、一曲全部をフォルテで弾き通せるような、強く持久力のあるピッキングができないといけないから、昨今エレキで流行のピックを軽く持つスタイルではなく、ピックを年末ジャンボの当たりくじだと思って、絶対離さないようにしっかりと持つ必要がある。これで手首を回転させて、各弦でトレモロを練習する。

その昔、Edward Van Halenのハミングバードピッキングにハマった人でもないかぎり(ちなみに昔試した時はうまく出来なかった気がする)、最初はしょっちゅう引っかかるから、手首の角度を変えて、一番難しい5~6弦でできるようになり、さらに思った弦にすぐ飛べるようになるまで練習を繰り返す。同時に弦飛びの激しいアルペジオも練習するといい。(※毎日練習して、たぶん最低2年程度は覚悟したほうがいい、若い人はもうちょい早いかも?)

経験がない人が手首を浮かせると、最初は「これ、本当にできるようになるのかな?」と思うのが普通だと思う。実際最初は私もそうだったが、私の場合は昔のジャズギタリストにフローティングスタイルの人が結構いることを知っていたので、「不可能」とは思わずに済んだのが幸いした、偉大な先人には本当に頭が上がらない。ついでに言えば人と違うことをやりたがる性格も幸いしたと思う(笑)。

この4~5年はナイロン弦ばかり弾いていたので、さすがに飽きてここしばらくエレキを弾いていたら、案の定ナイロン弦のピッキングがすっかり弱くなって、綺麗に音が出ないのにはまいった。

よたよたのデモ演奏の割に能書きが長いのは何が言いたかったのかと言うと、同じギターに見えるけど、弦が違うと楽器も違うものになって、それぞれに向いた弾きかたがあるよ、ということ。